就職

面接は話し方だけではない、姿勢も大切!!

更新日:

Pocket

スポンサーリンク

こんばんは。

今日は、面接は話し方だけではない、姿勢も大切!!について書いていこうと思います。

面接担当者に好印象を与える姿勢で面接に臨みましょう。

あなたの参考になれば幸いです。

足を少し前に出して座ろう

面接では、立ち姿よりも、座った姿勢がより重要といえるでしょう。

能力、人柄に甲乙つけがたい場合、座る姿勢は採用の当落を分けることになります。

かかとと膝を付けるのは立ち姿と同じで、当落を分けるのは「足を前に出すか」「後ろに引くか」です。足を少し前に出すときれいに長く見え、引くと短く見えます。

足を引いてクロスさせるのは言語道断です。ㇵの字に足を開いて座るのももちろんダメです。

膝とかかとをつけ、横に流す姿勢は、良いようですが、避けた方が無難です。

足を組むのは欧米では‟可”らしいですが、日本ではまだ自重した方が良いでしょう。

スカートを気にして座ろう

スポンサーリンク

座る時に、スカートを気にすることです。

そっと手を添えてお尻の下へキレイに収めましょう。さらに背中が背もたれに付くほど深く座らないように気をつけましょう。ひと息でスッと立ち上がれなくなってしまいます。

また、せっかく服装がちゃんとしてるのにだらしなく見えてしまうので意識して姿勢をピン!と伸ばし正しましょう。

控え室でも意識をしましょう

スポンサーリンク

「障子に目あり」ということわざの通り、どこで見られているか分かりません。面接を待つ控え室であっても、人が見ていることを意識して、きちんとした立ち振る舞いをしましょう。たくさんの人が待っていれば、その場こそ輝くときです。
ライバルに差を付けるチャンスですよ。

手の組み方を意識しましょう

スポンサーリンク

どちらかの手を上にして組みます。昔は「刀を抜きませんよ」「敬意はありません」という意思表示から、左を上にして右手を押さえたようです。

現在では、「右が上」が主流になっています。

利き腕がすぐに動かせるからなどとも言われています。

ですから、左利きの人は、左が上になっても構いません。指先はまっすぐに伸ばします。

上にした手で下にした手の指先を隠すこと、手のひらが上になるようにして組むのはNGです。

アゴに注意しましょう

スポンサーリンク

アゴは自我の象徴とも言われます。

ここに感情が出ます。緊張すると、腰が引けるのと同時に、だいたいあごも引けてしまいます。あごを引いた人相は、相手を疑っている意思表示です。面接では命取りにもなってしまいます。

しかし、上げ過ぎには注意です。

アゴが上がった人相は生意気に見られてしまいます。

背中にはあなたの本性がでてます

スポンサーリンク

いい男の背中には哀愁が漂うように、背中にはその人の本性が現れます。

年齢が現れるとも言われます。面接が終わり、「ありがとうございました」と言って、

くるりと背中を見せて気を抜いてはダメです。

心の中で、「あ~あ疲れた」なんて思うと背中に出ます。

‟精神論だ” ‟迷信だ”と疑う人が多いのですが、無言の背中の力をバカにしてはいけないのです。

最後まで諦めずに安心せずに緊張感を持って全力を尽くしましょう。

まとめ

面接には人柄だったり、姿勢だったり意識してやらないといけない事があります。

「この会社に入りたいんだ」という気持ちを切らさずにどんどん面接担当者にアピールして、

マナーを守り、面接に臨んでみましょう。

きっとあなたの思いは届くはずです。

あなただけじゃないです、みんな緊張し、うまくいったり、うまくいかなかったりとあります。

でも、そこで諦めずにチャレンジしていきましょう。

前向きな気持ちがあなたをプラスに変えてくれます。

 

高年収&将来のキャリアプランを重視した ITエンジニア転職サービスです。

-就職
-, , , ,

Copyright© 就職成功への道 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.