就職

働くときの常識と仕事の職種

更新日:

Pocket

スポンサーリンク

こんばんは。

今日は、働くときの常識と仕事の職種について書いていこうと思います。

仕事をする上での常識、マナーは最低限覚えておいて損はないと思います。

あなたの参考になれば幸いです。

どんな理由で辞めるにしても、「立つ鳥、跡を濁さず」。円満退職するためのルールを守るのは社会人の常識です。

退職までの大まかな流れ約2ヵ月前

・直属の上司に退職の意思を伝え、相談する・退職日を決めて、業務の引継ぎスケジュールをたてる。

・会社に就業規則がある場合は、手続きや規則を確認する。

約1か月前 (~14日前)

・後任者への引継ぎを進める。

・「退職願」を提出する(遅くとも退職日の14日前までの提出が原則)。

日付け、印鑑、誤字などがないか確認をしましょう。

スポンサーリンク

・仕事の関係者に退職の挨拶をし、後任者の紹介を行う。

・会社のパソコンに入っている情報やデータを整理する。

退職日

・健康保険証、身分証明書、社章、名刺、会社支給の備品などを返却する。

・会社が保険している年金手帳や雇用保険被保険者証を受け取る。

これだけはNG!!

「今日で辞めます!」など、いきなり退職する。
・退職の意思を直属上司以外の人に話す。
・退職までの期間、業務をおろそかにする。
・引継ぎや残務処理をせずに有給休暇を取る。

テーマパークスタッフ

スポンサーリンク

夢がたっぷりの楽しい空間を演出!
担当をするアトラクションによって作業が異なるため、仕事内容は多種多様です。
基本的業務というと、アトラクションの点検・メンテナンス、お客様の誘導、チケット受け付け、遊具の操作、マイクでの実況などなどです。
そのほか、飲酒コーナーの販売・調理、場内案内、物販スタッフ、ショーの運営スタッフなどの仕事があります。
すべてに共通して、「お客様に楽しんでもらいたい」という気持ちが大切です。

スポンサーリンク
[colwrap][col2] [/col2][col2] [/col2][/colwrap]

-就職
-, , , ,

Copyright© 就職成功への道 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.