就職 転職

履歴書・職務経歴書・面接時のキャンセルなどのマナー

更新日:

Pocket

スポンサーリンク

こんばんは。
今日は、履歴書・職務経歴書・面接時のキャンセルなどのマナーについて書いていきます。
転職者にとっては必須アイテム
「履歴書」にはプラス「職務経歴書」
最高の「武器」を用意して、しっかり自己アピールしよう。

 

職務経歴書の重要性

転職希望者の選考に「職務経歴書」は重要なカギを握っています。
企業の経営者や採用担当者は、あなたがどのような経歴をもっているのか、どういったことを今後やっていきたいのか?ということに高い関心を持っているからです。
まず、第一に職務経歴書は志願者への書類選考に使われます。
採用面接に進めるかどうかは、職務経歴書で決まると言っても、決して過言ではありません。
次に実際の面接が設定されてる場合、企業の人事担当者は職務経歴書の内容を確認することとなります。
多くの場合、人事の採用担当者から人事部長へ、人事部長から役員へ、会社の組織の中を上へ上へと上がっていくわけです。
組織のしっかりした企業であれば稟議書の類があるわけですが、その稟議書の添付書類として必ず、職務経歴書が添えられます。

 

職務経歴書の作成ポイント

スポンサーリンク

職務経歴書作成のポイントは、「自己分析」です。
「じぶんとは、どういう人間性をもっているのか」「今までの仕事を通じて、どんな能力があるのか」
「転職によって、どんな仕事をしていきたいのか」といった自己PR をしっかりと整理し、その具体的な表現を書き起こさなくてはなりません。
簡単で、しかも明瞭にわかりやすく、自己のアピールしたいことを上手にまとめ、転職希望者がどのようなキャリアをもっているか?そのキャリアを活かしてこれまでどのような成果を成し遂げてきたか?
採用した後には、どのように能力を発揮しそうか? などが、読み取れる内容にしておくことも重要です。
魅力的な「職務経歴書」を作成できれば、自己をアピールできる‘最高の武器”になりますよ。

 

面接のキャンセルは誠実に

スポンサーリンク

・面接を予約したのに面接に行かない。

・面接に行けなくなっても連絡をしない。

最近、このような求職者が増えて、求人を出しているお店・企業が困っています。
「他のお店で採用が決まった」「面接時間の変更は言いにくい」など、様々な事情で面接を辞退しようと思った時は、誠意を持って伝えましょう。
そうすれば、相手側もきっと分かってくれるはずです。
これからの人生、どのような縁があるか分かりません。

まとめ

スポンサーリンク

新しい場所で、気持ちよくスタートするためにも、最後まで誠実に求職活動を進めましょう。
※面接予定日に行けなくなった場合や、日時などを変更してほしい場合は、事前にお店・企業に連絡をしましょう。


高年収&将来のキャリアプランを重視した ITエンジニア転職サービスです。

-就職, 転職
-, , , ,

Copyright© 就職成功への道 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.