転職

ビジネスシーンにおける「服装」のポイント

投稿日:

Pocket

こんばんは。
今日は、ビジネスシーンにおける「服装」のポイントについて書いていこうと思います。
男女それぞれチェックするポイントを紹介していきたいと思います。

 

男性の服装チェックポイント
・Yシャツと上着
Yシャツは和服でいえば、長じゅばん(着物を着る場合の下着)にあたるものなので、Yシャツ姿で人に合うのはマナーに反します。
職場内ではともかく、他社の人と会うときには、必ず上着を着用しましょう。
上着のボタンをかけずにシャツを見せるのも好ましくないので、一つでもかけます。
三つボタンなら二つ、二つボタンなら一つだけかけて、下の一つは外しておくのが正統な着こなしとされています。
なお三つ揃いのスーツは、ベストがYシャツを隠すので、上着のボタンはかけません。
Yシャツの袖口は、上着の袖から1~3センチほどのぞかせます。
カフスボタンをする場合は、シンプルで小さいものにしましょう。

・ズボン
折り目が消えてしまったズボンは、相手にだらない印象を与えます。
きちんとプレスしたものを着用しましょう。ズボンの丈(たけ)が長すぎるものや、短すぎるものも、締まりがなかったり、間の抜けた感じになってしまいます。
立った時に、袖の前の部分が靴の甲にかかって、ふんわりとひだができるくらいの長さを意識して調整しましょう。

・ネクタイ
派手なカラーや柄のネクタイは、ビジネス用ではありません。
スーツとマッチした上品なものを選びましょう。
長さは、ベルトのバックルがネクタイの先で隠れるように調節して結びます。
ネクタイピンはつけなければならないものではありませんが、30歳後半になったら、ネクタイピンとカフスボタンをつけた方が落ち着きが感じられるケースもあるので、うまく活用しましょう。

 

女性の服装チェックポイント
・洋服
オーソドックスなデザインで大人しい色のものが無難です。
パンツルックスの場合は、ある程度落ち着いたものがオフィスには向いていますが、流行を追うよりも、動きやすさ、働きやすさを重視して選びましょう。
スカート丈は、お辞儀をした時や腰をかけたとき、階段を上る時のことを考えて選びましょう。

・靴・ストッキング
靴は他人にはよく目をつくところです。
「足元を見るとその人の生活態度が分かる」という人もいるので、手入れを怠らないようにしましょう。
ヒールの部分の皮がはがれていたり、かかとがすり減った靴も、ルーズな印象を与えます。
ストッキングのたるみや電線なども自分では気がつかないことも多いもの。
ストッキングの替えをいつも所持しておきましょう。
ヒールが高すぎる靴は歩きにくく、足や腰にも悪影響を及ぼします。
オフィスでは、3センチくらいのローヒールが適当と言われています。

・化粧、香水、マニキュア
化粧は自然な仕上がりを心がけ、香水も匂いが強いものは避けましょう。
口紅とマニキュアは、真っ赤なものや不健康そうに見えるダークカラーはふさわしくありません。
透明か、なるべく肌色に近いものにしましょう。

高年収&将来のキャリアプランを重視した ITエンジニア転職サービスです。

-転職
-, , , , , ,

Copyright© 就職成功への道 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.