転職

名刺交換のビジネスマナー

投稿日:

Pocket

こんばんは。
今日は、「名刺交換」のビジネスマナーの事について書いていこうと思います。
正しく理解しているかどうかで、ビジネスマナーの基本を身に付けているか判断される

 

 

名刺交換
新入社員の頃の名刺交換は、緊張してついつい客先で失敗をしてしまうものです。
ですが、いつまでも笑って済まされるものではありません。
名刺交換のマナーは、大切なビジネスツールの1つです。うまく使いこなせるようにしましょう。
また、仕事に慣れてきたころに名刺交換のような基本的なビジネスマナーを見返すと、新鮮な発見があったりもします。

 

準備は早めに
名刺を交換する機会がありそうだと思ったら、あらかじめ名刺入れは手元に用意をしときましょう。
名刺入れの中身は、自分のものと、これまで交換で頂いたものを、きちんと整理しておきましょう。
とっさに自分の名刺ばかりがバラバラ出てくるような姿を見せてしまえば、ビジネスの信用も台無しになります。
特に客先に何回も訪問する時間には、まだあったと思っていたのに、配り切って自分の名刺がなくなっていたことも。
そんな時は、切らしてしまったことを正直に伝え、後ほどお詫び文を添えて郵送するようにしましょう。
この手間がいらないようにするためにも、日頃からこまめに補充と整理が必要となります。

 

先に渡すのは、目下の者から
名刺を先に渡すのは、目下の者からというのが、名刺交換のビジネスマナーの鉄則です。
仕事先に伺っている場合は、訪問者が先なので、名刺を渡す準備をあらかじめしておきましょう。
相手が複数いる場合は、役職のある一番偉い人からが基本なので、会話や雰囲気を見て目星をつけましょう。

 

コメントで、相手への印象を残す
交換が終わったらすぐに名刺入れの上に重ねて両手で持って、名前や部署に関して何かコメントを残すとよいでしょう。
その後の会話をスムーズにもなり、相手の印象にも残りやすくなります。
頂いた名刺は、商談や打ち合わせが続いている間は、机の上に、名刺入れを下に敷いて置いておきましょう。
出している間は、名前を積極的に覚えるようにしましょう。

 

頂いた名刺はいつしまう?
名刺をしまうときは、そろそろ話し合いが終わるという合図です。
周りの雰囲気を見て片付けるとよいでしょう。

 

まとめ
名刺交換のビジネスマナーは、とっさに行う動作が多いので、場数を踏まなければ慣れないかもしれません。
最初のうちはなるべく早く慣れるように何回も同じ動作を繰り返し練習するようにしましょう。

高年収&将来のキャリアプランを重視した ITエンジニア転職サービスです。

-転職
-, ,

Copyright© 就職成功への道 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.