転職

意外と難しい?大人の常識など

投稿日:

Pocket

こんばんは。
今日は、意外と難しい?大人の常識などを紹介したいと思います。

 

 

退職時のルール編
どんな理由で締めるにしても「立つ鳥、跡を濁さず」。
円末退職するためのルールを守るのは社会人の常識です。

退職までの大まかな流れ
約2カ月
・直属の上司に退職の意思を伝え、相談します。
・退職日を決めて、業務の引継ぎ、スケジュールをたてる。
・会社に就業規則がある場合は、手続きや規則を確認します。

約1カ月前(~14日前)
・後任者への引継ぎを進める。
・「退職願」を提出する。(遅くとも退職日の14日前までの提出が原則です。)
日付け、印鑑、誤字などがないか確認をしましょう。
・仕事の関係者に退職の挨拶をし、後任者の紹介を行う。
・会社のパソコンに入っている情報やデータを整理する。

退職日
・健康保険証、身分証明書、社章、名刺、会社支給の備品などを返却する。
・会社が保管しているん年金手帳や雇用保険被保険者証を受け取ります。

これだけはNG
・「今日で辞めます!」など、いきなり退職する事。
・退職な意思を直属上司以外の人に話す。
・退職までの期間、業務をおろそかにする事。
・引継ぎや残務処理をせずに有給休暇をとること。
※企業やお店によって退職時のルールは異なります。事前に確認しましょう。

 

 

こんなときどうするQ&A
Q、複数の企業に応募していたら、履歴書をどこに郵送したか、分からなくなった。

A、こればかりは、応募先の会社からの連絡を待つしかありません。
最低限のルールとして応募先の社名や連絡先、仕事内容は控えておきましょう。
ネットは「キープリスト」に登録などあるのでそれを有効活用しましょう。

高年収&将来のキャリアプランを重視した ITエンジニア転職サービスです。

-転職
-, , , ,

Copyright© 就職成功への道 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.