転職

給与明細と基本のビジネスマナー

更新日:

Pocket

スポンサーリンク

こんばんは。
今日は、給与明細と基本のビジネスマナーについて書いていこうと思います。
あなたの参考になれば幸いです。

給与明細をチェックしましょう。

働けど働けど暮らしが…。
辛い気持ちはわかりますが、ここはじっと現実を見つめるためにも、もらった給与明細をしっかりとチェックしましょう。
給与明細書に書かれているのはたぶん「支給額」と「控除額」です。
だから、「手取り額」が算出されるわけです。
「支給額」はほとんどの場合は「基本給+各種手当」です。
「控除額」は「保険料+税金の差引額」ということになります。
「支給額」は、時間給なら「労働時間×時給額」で計算してあると思います。
「各種手当」はバイトならたぶん、通勤手当や皆勤手当て、深夜手当といったものが多いかもしれません。
じゃあ、「控除」はどうなるんだろうか?
控除とはいろんな目的で給与からお金を差し引かれることです。

スポンサードリンク

遅刻・欠席の連絡

スポンサーリンク

朝寝坊、本当に焦りますよね。
一刻も旗約職場に付くために、急いで出掛ける支度を優先…その気持ち、よ~くわかります。
でも、「現実に遅刻してしまう」という状況なら、まずは職場に連絡をしましょう。
その際、到着予定時刻も伝えるようにしましょう。
もちろん、確実に到着できる時刻を伝えましょう。
通勤電車の遅延が理由で遅刻しそうな場合も同様です。

まとめ

スポンサーリンク

健康保険や厚生年金保険の「社会保険料」、所得税や住民税の「税金」など。働くということは、立派な大人として責任を果たすことでもあります。
休んだり、遅刻すればそれも立派な「控除」だから注意をした方がいいでしょう。
公共通勤機関の遅延の場合には、改札口などで「遅延証明書」を配っているので、忘れずにもらっておくとよいでしょう。
急な体調不良などで欠勤する場合も、できるだけ早めに連絡を入れて静養するようにしましょう。

スポンサードリンク

高年収&将来のキャリアプランを重視した ITエンジニア転職サービスです。

-転職
-, , , , , , ,

Copyright© 就職成功への道 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.