転職

仕事を教えてもらうときのマナー&職種

更新日:

Pocket

スポンサーリンク

こんばんは。
今日は、仕事を教えてもらうときのマナー&職種について書いていこうと思います。
あなたの参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

仕事を教えてもらうときのマナー

早く仕事を覚えるためにも、メモをとりましょう。
始めたばかりの仕事。最初は上司や先輩がいろいろと教えてくれるはずです。
実際の職場での教育や、研修施設でのトレーニングがある場合もあります。
例えアルバイトであっても、覚えることは予想以上に多いです。
いくら記憶力の良い人でも、一度聞いただけですべてを把握するのは困難でしょう。
研修や仕事の説明を受ける時は必ず筆記用具を持参し、メモをとる癖をつけましょう。
そして疑問に思ったことや理解できなかった部分は恥ずかしがらずに質問をしましょう。
もちろん、上司や先輩からの指示にはしっかりと返事をするようにしましょう。
スポンサードリンク

訪問介護

スポンサーリンク

高齢者や障がい者の方たちの家を訪問し、身の回りのサポートを行います。
掃除や洗濯、食事の支度、衣類の着脱、入浴など生活に密着した作業が多いです。
介護される側の気持ちや体調をくみ取って、臨機応変な対応をすることが必要です。
ホームヘルパーとして働く場合は、行政機関や民間企業が実施する介護職員初任者研修を受ける必要があります。
スポンサードリンク

生命保険コンサルタント

スポンサーリンク

お客様の人生に合ったプランを提案!
お客様が抱いている「生命保険に関するお悩み」を解決する仕事です。
生命保険の内容をわかりやすく解説したり、疑問点を解決したりと、よりお客様の人生を設計にフィットしたプランを提案していきます。
お客様の生活に合った保険と、高品質のサービスによって、経済的な安心を提供しないといけません。
ファイナンシャルプランナーなどの資格を得ることで、より仕事の幅が広がることもあります。

 

まとめ

スポンサーリンク

仕事を教えてもらうときのマナーはやはり大切です。
あなたが教える立場になって考えれば教えてもらうときの対応は変わると思います。
お互いが成長できるよう相手の立場になって物事を考えましょう。

高年収&将来のキャリアプランを重視した ITエンジニア転職サービスです。

-転職
-, , , , , , , ,

Copyright© 就職成功への道 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.